医院紹介

当院の理念

当院では、眼科専門医と精神科専門医による診療を行なっております

眼科医と精神科医による診療・治療を行なっております。コンタクトレンズや眼鏡などの普及で生活が便利になった半面、眼にかかる負担は増加傾向にあります。さらに、スマートフォンやパソコンを使う仕事が一般的になったことから、「眼精疲労」や「ドライアイ」など目のトラブルも増えています。社会そのものが高齢化を迎えているのも要因の一つであると思います。
一方メンタル面では、職場や学校、家庭といった生活環境において、人間関係の悩みやトラブルから、心や身体の不調を訴える方も多くなっております。現代病とも呼ぶべき「目」や「心」の不調により、来院される方が増えているのが現状です。

このように、ストレスを抱えながら多忙な毎日を送る現代では、多少の「目」や「心」の不調は特別なことではなく、誰にでも起こりえることです。しかし、治療が必要なのか必要でないのかを自己判断するのは難しく、なかなか医療機関にかかるところまでに至らない方も多いのではないでしょうか。

当院では、症状が悪化する前に治療を開始することが特に重要だと考えております。これまで眼科領域と精神科領域の治療に携わってきた経験を活かし、お悩みを解決できる相談の窓口として、みなさまのお役に立ちたいと考えております。どうぞお気軽にご来院いただければ幸いです。

必要があれば往診も行なっています

当院に通院できない方向けに、眼科では必要に応じて「往診」も行なっております。往診を行なうためには
一定の条件があります。往診をご希望の方は、お気軽に当院までご連絡ください。

先生紹介

赤塚 一子 院長(眼科医)

「目は心の窓」とも呼ばれ、目の不調が心の病による場合も、またその逆もあります。目を診ることは全身を診ることでもあり、思わぬ病気の発見につながることもあります。
当院では、「いつ」からその症状が現れたのかだけではなく、患者さんの日常生活や職業などの背景をヒアリングし、「どんな」状況でその症状が現れたのか、その原因にも想いを至らせています。眼科にかからず、「これくらいは大丈夫」とお仕事や家事などを頑張り過ぎている方が大勢いらっしゃると感じています。また、目の病は現代の忙しさから来る病であるとも感じています。不調が続き身体の違和感を感じたら、我慢をせずご自身で判断されずに、どうぞお気軽にご来院・ご相談いただければと思います。

略歴
  • 東海大学医学部卒業
  • 東海大学病院眼科入局
  • 平塚市民病院眼科医 
  • 代々木病院眼科医長
  • 健康医学協会 東都クリニック 眼科
資格
  • 医学博士
  • 日本眼科学会 認定 眼科専門医
  • 日本抗加齢医学会 専門医

行山 武志 副院長(心療内科医・精神科医)

略歴
  • 東海大学医学部 平成6年 卒業
  • 海老名総合病院 精神科医長
  • 横浜相原病院 精神科医長を歴任
所属・資格
  • 日本精神神経学会 専門医
  • 日本集団精神療法学会
  • 日本睡眠学会
  • 日本家族研究・家族療法学会
  • 日本精神保健・予防学会

医院紹介

医院名 山王眼と心のクリニック
診療科目 眼科・心療内科・精神科
所在地 〒143-0023 東京都大田区山王3-27-6 大森ラルタビル1F
最寄り駅 JR大森駅・山王口より徒歩7分
駐車場 近隣に大型のコインパーキングあり

アクセス・診療時間

眼科診療時間

診療時間日祝
9:30~13:30
15:00~18:30

休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

精神科・心療内科診療時間

診療時間日祝
10:00~13:30
15:00~18:30

休診日:火曜・金曜・日曜・祝日
土曜の診療:15:00~17:00

指定関係

公的指定 

  • 健康保険法 指定医療機関
  • 国民健康保険法 指定医療機関

東京都指定

  • 生活保護法 指定医療機関
  • 精神通院自立支援 指定医療機関

大田区

  • 特定健診に伴う眼底検査 指定医療機関
  • 緑内障検診 指定医療機関

関東甲信越厚生局長への届けに関する事項

  • 基本診療料施設基準
  • 明細書発行体制等
  • 特掲診療料施設基準
  • コンタクトレンズ検査料1

ご予約・ご相談はお気軽に

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:03-5718-6161
bottom_tel.png